福袋販売で感じたこと

ハンドメイド委託販売店の店主をしている

MUUUーMUUU(ムームー)です。

希望作家さん限定で福袋販売を行いました。

そこでこの記事では

福袋を通し、作家さんが苦手としていること

を書いていきます。

まず始めに

お店から福袋販売をする作家さんに

以下の4つをお願いしました。

  • 福袋の販売を〇日から始める
  • インスタで福袋の宣伝を販売開始5日前から始める
  • 各自の福袋写真をインスタのストーリーにアップしてほしい。
  • 作家さんがお店のタグ付けをしたらお店のインスタでシェアする

苦手要素①写真撮影

作品作成でパワーが切れ

写真を撮ることに意識を向けれなかったのかな・・

と感じました。

Aさん、Bさんは福袋を4セット用意しました。

この4セットを

・Aさんは1セットずつ撮影

・Bさんは4セットまとめて撮影

されました。皆さんはどちらがいいと思いますか??

私は「1セットずつ撮影をしたAさん」がいいと思います。

その理由は事前にお店から作家さんにお願いした

インスタで福袋の宣伝を販売開始5日前から始める 」があるからです。

「インスタで宣伝をする」のは「事前予約をとることができる」

というメリットがあります。事前予約を獲得するには

1つずつ作品の紹介をしたほうが

お客様は作品をしっかりと見ることが

でき、予約に繋がりやすくなるからです。

ですので、 写真を撮るのことにもパワーを使い

1セットずつ撮影をしてください。

またビニール袋(OPP)で梱包した

福袋のセットを撮影する作家さんもいたのですが

OPPが光を反射し、作品がよく見えなかったので

梱包する前に撮影をすることをお勧めします。

苦手要素②インスタの用語

お店から作家さんにお願いした各自の福袋写真をインスタのストーリーにアップしてほしい

作家さんがお店のタグ付けをしたら、

・お店のインスタでシェアをする

・インスタのストーリー、タグ付け、シェアがわからない

という作家さんがたくさんいましたww

ネットや本で調べてもわからないと

年始の忙しい時に来店してくれた作家さんもおりました。

普段のインスタでの「宣伝」がフィード投稿のみの作家さんもいらっしゃるので

もっと「ストーリー」「タグ付け」「シェア」

について考えて頂ければいいなと思いました。

作品作成と同様、宣伝もコツコツとやってほしいと思いました。

それでは本日はここまでとさせて頂きます。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました