ハンドメイドもここまでコンセプトを考えれるといいよね

委託販売

こんにちは。 ハンドメイド委託販売店の店主をしているMUUU(ムー)といいます!

実は私お洋服ブランドを立ち上げようとしたことがあります。そこでファッションに
詳しい人(以後Aさん)に相談しました。Aさんからの指摘は凄く勉強になり、この指摘は
ハンドメイドをやっている人もできるとよいなと感じたのでシェアさせて頂きます

私のブランドについて

まずは私が立ち上げようとしたブランドについてお話させて頂きます
私が立ち上げようとしたお洋服ブランドはセミオーダーで

  • レディース服
  • 長く着れる
  • 個性的な布だけどどんな人でもなじむ
  • 年中使用できる
  • 委託販売の作家さんに作成してもらう

ことをコンセプトとしてやろうと思いました。するとAさんから1つずつ
指摘を受けましたので詳しく説明をします

レディース服について

まずはレディース服について。Aさんから

Aさん
Aさん

え?このご時世、性別分けるの??

と言われ、確かに・・と思いました
ジェンダーレスが進む中真逆なことをしているなと・・
男女両方とも使用できるユニセックを作るのがいいなと思いました

長く着れる、個性的な布だけどなじむ

続いてはこちら。購入して終わりではなく、修理を受け付け1着を長く使用して頂くことを
考えていました。また布は日本では珍しい色合い、柄布を海外から輸入するつもりでいました。するとAさんからは

Aさん
Aさん

海外から布を輸入するのはいいけど、その布は10年後も輸入できるの?布ないと修理できなくない?

と言われました。確かに10年後には柄布を輸入できる保証はなく「言っていること」と
「できること」が違うことに気づき、きちんと合わせないといけないと思いました

年中使用できる

3つ目はこちら。私の友達が1着の服をオールシーズン使用するので私のブランドも
オールシーズン使用できる服を作ろうと決めたのですが、Aさんからは

Aさん
Aさん

オールシーズンで使う服?

頑張っても3シーズンくらいだと思うけど・・

と指摘を頂きました。こういう意見もあるのだと感じたので、1人の人の意見を鵜呑みに
しないことが大切だと感じました

委託販売の作家さんに作成してもらう

最後はこちら!私は少しでも当店のハンドメイド作家さんの売り上げに貢献したいという
気持ちから、洋服の仕立ては委託販売の作家さんにやってもらおうと思いました
するとAさんから

Aさん
Aさん

洋服を仕立てる人がいないと、ブランドが成り立たないなら、

その人は共同経営者として取り囲むべき

と言われました。共同経営者ということは運営資金を共に出資することですが・・
私が仕立てを頼もうとした作家さんは、そこまでしてくれるのかな・・と思いました
いい人ですが、やはりビジネスを共にする人なのかを見極めなければならないと思いました

最後に

私はAさんに相談する前まで「どんな商品でも宣伝さえきちんとすれば売れる」と考えていました。しかしAさんからは「商品に力がないと、宣伝も甘くなる」と言われもっと商品のコンセプトを考えないといけないと感じました。今回Aさんから頂いた指摘は、気づかなかったことばかりでとても有益でした。ただし、あくまでブラントは私がやるのでAさんの意見を鵜呑みせず、決めていこうと思いました

それでは本日はここまでとさせて頂きます
ハンドメイドもここまでコンセプトを考えれるといいよねでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました