委託販売店が出店するイベントに委託販売する人へ

イベント

こんにちは。ハンドメイド委託販売店の店主をしているMUUU(ムー)といいます!

お店として環境に配慮したイベントに出店しました。そのイベントには
お店が作品の基準を作り、基準を満たした作家さんの作品を持って行きました

このイベント出店で感じたことは、イベントに合わせた作品を納品した作家さんと
普段通りの作品を納品した作家さんの作品の動きは違いました

そこでこの記事では

  • 委託販売店が出店するイベントに委託販売する

人のために

  • やるといいこと
  • お店の考え

について書いていきます

自分なりに深く考える

まずはこちら。今回のイベントに出店するためにお店が基準を作ったのですが
基準の1つとして、既製品のパーツを使用していなかったらOKとしました
そのためパーツを使用していない多くの作家さんは、いつも通りの作品を出品しました

しかし1人の作家さん(以後Aさん)はお店が設けた基準だけでなく、自身でイベントの
解釈をされ、イベントにピッタリな作品を生み出しました。イベント中、Aさんの作品は
お客様から大変好評で注目を浴びていました

多くの作家さんは、新しい方向に行くことを躊躇し、今までやってきた馴染みのある
方向に行く傾向があります。しかしAさんのように積極的に行動することで、自身の
新しい作品を作るきっかけを作りだしたのです

新たな作品を生み出してほしい

続いてはこちら。お店としてはこの環境イベントを機会に、自分では気づけなかったことに
気づき作品に取り入れて欲しいと考えていました。例えばイベントに出品した作家さん
(以後Bさん)も環境に配慮した素材を使用した作品を作成しました。しかし素材以外の
部分を変えなかったため、Bさん自身の世界観がまだまだ強く、新しい作品を作り出すこと
ができませんでした

自身の世界観にこだわりを持つことは大切ですが、強すぎると新しい作品を作ることが
できません。自分の世界観を壊すことなく新しい世界観を融合すると新しい作品を生み
出すことができ、それが自分自身の作品に反映されます。ぜひともチャレンジして
欲しいと思います

それでは本日はここまでとさせて頂きます
委託販売店が出店するイベントに委託販売する人へでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました