もうすぐ夏休み!陥りやすいこと2選!!

ワークショップ

こんにちは。ハンドメイド委託販売店の店主をしているMUUU(ムー)といいます!

7月になり、夏休みが近づいてきました
毎年夏休み期間になると、複数の作家さんから同じような嘆きの声を聞きます

そこでこの記事では

もうすぐ子どもの夏休み

という作家さんが

陥りやすいこと2選

について書いていきます

作品を作れない

まずはこちら。夏休み期間中、子育て世代の作家さんからよく聞くことは

作家さん
作家さん

子どもがいて作品が作れない~

です。作成計画を立てても、子どもさんが体調を崩したりでなかなか
思い通りにはいかないようです。ですので私は作家さんに

MUUU
MUUU

夏休み中の作品作りは諦めましょう!

と伝えています。その理由は夏休みは9月になれば終わるからです
計画通りにいかなく、モチベーションが下がるのであれば、作成をやらないという
選択をして欲しいなと思います。その代わり今どんなモノが売れているかは
しっかりと把握し、夏休み明けの作成に活かして欲しいと思います

夏休み中のワークショップは単価を考える

続いてはこちら。昨年にあったことですがせっかく夏休みだし、ワークショップを
開催する!という作家さんがいました。その作家さんは1人3000円のワークショップを
開催され、参加者は0人でした

夏休みに子どもと時間を過ごせる場所を探している親は多いので、ワークショップを
開催されることはとても良いことだと思います。しかし子育て世代の親は自由に
使えるお金を多く持っていないのです。そのような人に1回3000円のワークショップは
大金であり1人3000円は子どもにやらせるワークショップではないのです。また親子
1人ずつでやると6000円にもなるワークショップは現実離れしているのです

多くの作家さんは趣味からハンドメイド販売をされているため、作家さんは
お客様のニーズを捉えずにいつも自分が作っている作品をワークショップとして企画する
傾向があります。そのため今回のように、夏休みのワークショップと企画しても内容が
大人向けであったりします

ですので夏休みのワークショップを開催する時は、ターゲットを考えた内容、金額にする
ことをおすすめします◎ワークショップの金額の目安として1人500円くらいでできるようにするとよいでしょう

それでは本日はここまでとさせて頂きます
もうすぐ夏休み!陥りやすいこと2選!!でした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました