作家さんとお客様の作品の重要ポイントの違い

委託販売

こんにちは。 ハンドメイド委託販売店の店主をしているMUUU(ムー)といいます!

作家さん・お客様と接し作品を選ぶ上で

  • 重要視するポイント

が違うことを感じます。そこで今回の記事では

  • 作家さんとお客様の見るポイントの違い

について書いていきます

※お客様と一言で言っても様々な方がいらっしゃいます
こういうお客様もいるんだなー。という気持ちで読んで頂けると嬉しいです

スタイの形

まずはこちら。当店でスタイを作成されている作家さん(以後スタイ作家さん)はU型と
バンダナ型のスタイを販売しています。多くのお客様はバンダナ型は汚れを受ける面積が
小さいことに不安を抱かれるためU型のスタイをご購入されます

一方スタイ作家さんは全てのスタイに3重ガーゼを使用しているため面積が小さくても
汚れを吸収するのでバンダナスタイでも心配はないとおっしゃいます

このことをお客様にお伝えをしますが、やはり納得がいかない方が多いです
個人的にお客様と接し、スタイは形よりも柄を重視する傾向が強いと感じます

消費者目線になりすぎる

続いてはこちら。多くの作家さんは

  • 既製品だと満足できない
  • こういうのがあればいいのに

という思いから作品の作成をします。そのため消費者目線になりすぎ、自身の作品の良さを見失う傾向があります

例えば当店で委託販売をされているミニチュア粘土作家さんはお店にアクセサリーが
多いからという理由で、粘土を使用したアクセサリーを販売していました

しかしイベントに出店してみると、動いた作品はアクセサリーではなく置物のパンのセットでした。パンのセットが売れるとお客様から「パンを置く場所が欲しい」と言われパンを
並べるためのミニチュアの食器を販売する必要があることを学ばれました。この作家さんは自身の強みが分かり、委託販売店の売り場をがらりと変更されました

ミニチュア粘土作家さんのように「作り手の好き」と「ユーザーの好き」を組み合わせて販売できると売り上げにも繋がると思います。ぜひとも「ユーザーの好き」を把握をして欲しいです◎

それでは本日はここまでとさせて頂きます
作家さんとお客様の作品の重要ポイントの違いでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました